ニュース
ねコラム vol.1「この世は、ネーミングに満ちあふれてる!」

連載「ねコラム」では、当協会 理事・会員の皆様からネーミングに関することをご紹介いただきます。

記念すべき第1号は、当協会理事の岡田直也氏からの発信となります。

*毎週1回の配信。岡田直也氏には全3回の連載を担当いただきます。

 

===================

 

この世は、ネーミングに満ちあふれてる!

 

ぼくらはまず、生まれ落ちるとすぐに、親から名前をもらいます。

名前をつけてもらって、人生というものがスタートする。

考えてみればこの「名づけ」というもの、立派なネーミング、ということができますね。

 

 

親の願いを名前に込めるこの作業は、メーカーが送り出す新商品のそれを考えることと、

基本はあまり変わらないように思います(人とモノを同列に扱うな、と怒られそうですが)。

 

ぼくの場合、じぶんの子どもの名づけにも、ふだんの仕事の延長線上、という感覚で臨んだ覚えがあります。

切り口別に絞った10あまりの名前の案(とうぜん字画も調べてあります)を、

親にプレゼンテーションしましたからね。もう30数年も前のことだけれど・・・。

 

そしてさらに、ぼくらの多くは、死んでまた名前をもらうことになる。戒名、というやつですね。

もちろん、死とかに関係なく、クリスチャンネームやムスリム・ネームをもらう人もいますし、

いわゆるペンネームを本名がわりに使う人もいるわけです。

 

そうなんです。ぼくらの人生はほんとうに、じぶんへのネーミングが欠かせない。

ときには励まされ、ときには慰められながら、じぶんと並走してゆくのが名前、というわけですね。

 

・・・ということで、このコラムでは、子どもの名づけに代表されるような、

商標登録を前提とした企業名・商品名・サービス名、つまりいわゆる「ネーミング」の領域を超えた、

「名づけ」全般を扱うものにしたいなあ、と考えています。

 

広義の名づけの話から、いわゆるネーミングというものを逆照射してみる。

そうすると、また新しい手法や、動きのある時代感覚が見えてくるかも知れない・・・

そんなつもりで、始めることとしましょう。

 

日本ネーミング協会 理事

コピーライター 

岡田直也